北巣本保育園 遊具制作日記2

北巣本保育園との打ち合わせも順調に進み、さっそく制作に入っております。
まずは基礎工事。ここは完全に僕たちは専門外の分野なので、ケンちゃんにおまかせです。地面にこのような木枠を埋め込みコンクリートを流し込みそれを支柱のレイアウトに設置してとりあえずは基礎の土台を作ります。基礎作りの現場に立ち会うことは初めてなので、興味津々です。
とりあえず、コンクリートが乾く間は柱材(杉)のスミ付けとホゾ作り。家具も家も同じ。まず、パーツ(柱)をしっかりつくり、現場では組み立てるだけ。でも、家具のホゾ作りと大工のホゾ作りはまったく違うので、ケンちゃんにまずスミ付けしてもらい、加工の手伝い。大工さんは、スミ付けには墨汁をつかうようです。よく古い家屋の柱に書かれている文字も同じ。消えにくく、木材にも影響を与えないようで、今も昔もかわらずこの手法を使っているようです。でも、表記の仕方が専門的でなかなかすぐに理解できませんでした(笑
これはホゾを掘るための角のみ機械。家具では置き固定型の角のみをつかい、木材を移動させるのですがこれは正反対の機械で木材を固定して、機械を移動させます。にしても、機械がかっこいい!家具では必要ないですが欲しくなります。
ケンちゃんお疲れさまです。まだまだ先が長いのでよろしくお願いします。

お問い合わせはこちらから